郊外に行くとこの梅雨の時期には

水を張った水田が広がっているのを見ることができるだろう。水鳥の長い脚が泥の中を優雅に行き来するのを見つけたり、名前も分からない虫の声を耳にしてみたり。そんなことをしていると、何となく風も涼しく感じられる。原風景ならではの涼しさではないだろうか。南の方から台風がやってきている中、かたや北部九州では梅雨の晴れ間といったところか、青い空も時折のぞく1日となった。晴れ間がのぞく度、少しずつ少しずつその色も夏の青さへと変わっているのが分かる。じめじめとしたこの雨の季節が終わるまであともう少しの辛抱だ。少し空気が変わったような気がする1日だった。湿気がまだまだ多い梅雨はまだ真っ盛り。少しばかり息苦しささえ感じるような毎日が続いている。とはいっても、厚い雲の上では確実に夏がそこまできているのだ。一面に広がる夏の空が待ち遠しい日が続く。
http://xn--nckg3oobb8486bumf9wpjvo9s1a6sa619q.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です